Play Movie

郡上木履(ぐじょうもくり)

郡上踊りで使われる下駄の企画・製造・販売。
「メイドイン郡上」にこだわり、郡上の山で育ったヒノキを活用し、
木の削り出しから鼻緒すげまで、一貫して郡上内で行う。
主に、「踊り下駄」と呼ばれる踊りにも使える丈夫な下駄を制作。
郡上の下駄文化を守り、発信する郡上発の下駄ブランド。

郡上踊り

岐阜県郡上市に400年間続く郡上の夏の風物詩。
毎年7月中旬から9月上旬まで32夜開催される。
なかでもお盆の4日間、朝まで踊り明かす「徹夜踊り」には、
全国各地から踊りファンが集まり、郡上八幡の町にお囃子と下駄の音が響く。

郡上踊り下駄

「音」=ヒノキ
通常、キリやスギが利用されることが多い中、地面を蹴った時の「音」にこだわり、
より比重の重いヒノキを使用しています。
「徹夜踊り」=一体型
下駄を鳴らす激しい踊りに耐えるため、一塊の木の塊から歯を削りだしています。
台と歯の部分に継ぎ目がありません。
「美しく 踊る」=高さ50mm
踊り姿が綺麗に見える高さを考え、通常の下駄より高めに設定しました。

職人 諸橋有斗

1988年愛知県尾張旭市生まれ。
岐阜県立森林文化アカデミーで木工を学んだ後、
郡上の人と文化と自然に魅せられ郡上に移住。

郡上踊りには欠かせない下駄が地元で作られていない事を知り、
郡上の森林資源の活用と、日本の下駄文化の発信を目的に、
2014年、「郡上木履」を立ち上げる。

オリジナル鼻緒

郡上の地場産業であるシルクスクリーンの技術で柄を印刷した、
洋服に合わせて履きたくなるような郡上木履オリジナルのポップな鼻緒です。

手ぬぐい鼻緒

下駄と同じく郡上踊りに欠かせないのが手ぬぐい。
シルクスクリーンでオリジナルの手ぬぐい作り体験ができる「Takara Gallery」
とコラボで制作した鼻緒。下駄と手ぬぐいがお揃いで揃える事ができます。

TAKARA GALLERY

郡上本染め

郡上に400年間伝承される藍染めの技法。今でもその技術を守る
「渡辺染物店」で染められた生地を使った、使えば使うほど味が出る鼻緒です。

TAKARA GALLERY

こぎん刺し

もともと東北の雪の多い地域に伝わる幾何学模様が
特徴の刺し子の技法。
郡上最奥の集落にある「石徹白洋品店」で、ひとつひとつ
手仕事で刺繍された一点物の鼻緒です。

石徹白洋品店

Company info

  • 株式会社郡上割り箸
  • 下駄事業部 郡上木履
  • 代表 : 諸橋有斗
  • 事業内容 : 踊り下駄の企画・製造・販売
  • 住所 : 〒501-4301 岐阜県郡上市明宝大谷1243
  • TEL : 0575-87-2411
郡上割り箸

Contact

gujomokuri@gmail.com

Media

  • 2014.06.29 中京テレビ「PS三世」
  • 2014.07.09 中日新聞 中濃版
  • 2014.07.20 岐阜新聞 中濃版
  • 2014.07.22 GUJO+ 巻頭特集「おどり下駄の職人」
  • 2014.07.24 NHK岐阜放送局「みの飛騨情報局」
  • 2014.07.31 CBCラジオ「よりどりっ!」
  • 2014.08.18 ぎふチャンラジオ「耳からゴックン!」

Shop list

関東
大塚呉服店 新宿ルミネ店
関西
大塚呉服店 京都店
大塚呉服店 神戸店
東海地方
郡上木履本店
石徹白洋品店
東急ハンズ栄店

郡上木履 Gujo Mokuri

shop Facebook